「人工知能セミナー #004 ディープラーニングの最前線 -医用画像処理編-」のイベント開催レポート

こんにちは! AI Dojoインターンの石塚です。今Deep Learningを学ぼうとしている文系の初心者でありますが、さらに理解を深めようと先日TensorflowをPCに入れてみました!さっそくMNISTから始めてみようと思います。これからよろしくお願い致します。

少し遅くなりましたが、12/23(土)に開催致しました「人工知能セミナー #004 ディープラーニングの最前線 -医用画像処理編-」の様子をレポートしたいと思います。

世の中はすでにクリスマスの雰囲気に包まれている中で、今回はなんと30人以上の方がご参加してくださいました。また、テーマは医用画像処理でしたが、エンジニアの方や医療関係者の方のみならず、多種多様な業界の方々にお集り頂きました。本当にありがとうございました!

本セミナーでは、韓 昌熙さん(東京大学大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 博士課程1年)にお越し頂き、「Medical Imagingが切り開く医療の未来」についてお話し頂きました。

医用画像処理技術「Medical Imaging」とは、コンピューターにCTやMRIなどの医用画像を認識させて、診断の精度を上げていく技術です。しかし、医用画像処理の分野では、データの数が少ない、データが偏っている等の医用画像の特有の難しさがあり、臨床応用がなかなか進んでいないそうです。

そこで、韓さんはコンピュータビジョンの分野で現在注目されているGANを用いて、従来よりはるかにリアルで元画像と異なる画像を生成することでデータの数を増やし、それらの問題を解決する取り組みを行っています。講演では、ご自身の研究の内容について、初学者の私にも理解出来るくらいわかりやすく解説して下さいました。

その後の懇親会では、登壇者の韓さんや塾長である山元をはじめ、参加された方々の交流が盛んに行われました。また、医用画像処理やDeep Learningの技術自体に興味を持っている方も多くいらっしゃったので、活発な意見交換も行われました。しかし盛り上がり過ぎて、終了時間は予定よりも1時間遅くなってしまいました笑。けれども皆さまの親睦も一層深まり、非常に有意義な時間をお過ごし頂けたのではないでしょうか。

AI Dojoでは、今後も【人工知能セミナー】等、AIに関するイベントを定期的に開催していこうと考えておりますので、是非FacebookのグループやConnpassのグループをフォローしていていただけると幸いです。また、企画のリクエストも募集していますのでお待ちしております!

https://www.facebook.com/aidojo.tokyo/

https://aidojo.connpass.com/

弊社では、機械学習・医用画像処理エンジニアやリサーチャーを積極的に採用していますので、お気軽にお問い合わせください。

今後ともAI Dojoをよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です